新卒就活ブログ・これからやるべきこと取り組みたいことは

主に大学生のための新卒の就職活動のやり方をまとめたブログです。就活の準備の仕方や、履歴書・エントリーシート(es)書き方から個人・集団面接のマナー、選考から企業の採用・内定までの流れを書いていきます。

就職活動 不採用だった後

不採用になった企業にもう一度、再応募できるのか?

投稿日:2014年4月16日 更新日:

■不採用の理由は教えてもらえない

 

「今回は誠に残念ながら、採用は見送らせて頂くことになりました。」

 

と言った感じのひと言で、不採用を伝える「お祈りメール」や手紙が届くことがあります。

 

そして不採用になったとしても、企業はその理由を教えてくれません。

 

その理由が知りたくて、企業に電話などで問い合わせても、教えてくれないところも多いです。

 

残念ですが法律でも、「不採用の理由を聞く権利」は認められていないようですね。⇒弁護士ドットコム

 

でも中には、どういうところがいけなかったのか、不採用の理由を教えてくれる企業もあるようです。

 

ただそれも人手がかかりますし、それをやっていたらキリがありません。

 

応募者が多ければ多いほど、不採用の理由を説明することも多くなって、企業の対応するのが大変になります。

 

それに採用人数もだいたい、決まっていますから、応募者全員がほとんど落ち度がないとしても、誰かを選んで、誰かを落とさないといけないのです。

 

そうなると選ぶほうも、特別悪いところはなかったけど、自分の相性や好みで、採用する人を選ぶこともあります。

 

最終面接で不採用になったときも、採用された人が特に優れているわけではなく、ちょっとした、あいまいな理由で明暗を分けてしまうこともあります。

 

そうなってくると、説明する方も困ってしまいますよね。

 

でも不採用になった理由は、正確にはわかりませんが、それでもなにがいけなかったのか、自分で振り返って考えてみましょう。

 

採用されたときなどは、「なぜ採用されたのか?」などは、その理由を深く考えたりしないものです。

 

ただ自分のやり方が正しかったと認識するだけで、特別、そこから学ぶこともないのですね。

 

反対に、うまくいかなかったときこそ、いろんなことを深く考えることができるときなのです。

 

そうした機会があったほうが、自分自身が成長できますし、これから仕事をしていく上でも、うまくいかなかったことを振り返ることは、どんな場面でも生かされてきます。

 

不採用の通知をもらうと、つらいと思いますが、これまでの自分のやり方を見つめなおすには、いい機会です。

 

うまくいかなかったことをすぐに忘れてしまったら、何も進歩することはありませんが、しっかり向き合えば、いろんなことに気がつくはずです。

 

失敗の経験もプラスにできるようにしていきましょう。

 

そして全力を尽くしたけど不採用になったときは、よく言われることですが、「縁がなかった」と思って、きっぱりあきらめて、次の求人に目を向けたほうがいいのです。

 

くよくよして自信をなくしてしまうのも、精神衛生上、よくありませんよね。

 

たまたまその企業との相性が悪かったのだと思い、「私を採用しないのは、見る目のない会社だな」と思っているぐらいがちょうどいいのです。

 

■不採用になった企業に再応募はできるのか?

 

志望度が高くて、めざしていた企業から不採用の返事をもらうと、あきらめきれない気持ちも残ると思います。

 

あきらめきれずに、「今年はダメだったけど、このまま留年するか既卒で、来年もう一度、志望する企業を受けたい」と思う方もいるかもしれません。

 

だけど厳しいことに、企業側も一度、不採用を出した方に、結果をくつがえして採用の返事を出すかというと、むずかしいと思います。

 

一度その結果を伝えた企業にも、面目があります。

 

また一度受けた企業を、もう一度受けられるかどうか、チャンスをもらえるかどうかも、企業によっても違ってきます。

 

一度不採用になったけど、追加の応募でエントリーシートを出したら、通過するところもあるでしょうし、そうでないところもあります。

 

多くの企業では、応募してきた方の履歴は残しているはずです。

 

履歴を残していない企業もあるかもしれませんが・・・

 

それを知っていて、あえて選考してくれるかどうかはわかりません。

 

どうしてもあきらめきれないというのなら、電話するだけでは断られると思いますので、志望する理由などを気持ちをこめて手紙に書いて、企業の採用担当者に送るという方法もあります。

 

その後に確認のために、電話で連絡してみてもいいのではないでしょうか。

 

それでもう一度選考させてもらえるのなら、エントリーシートなどを送ってみるといいと思います。

 

どう対応するかは、企業によって違ってくると思います。

 

ダメだったときは、つらいでしょうがきっぱりあきらめましょう。

 

採用情報などに「再応募不可」と書いてあったら、やはり無理だと思いますが。

 

新卒の就職活動では志望する企業に入れなかったけど、入社した企業で仕事の経験を積んで、中途採用で志望する企業に入るという人もいます。

 

まずは社会に出てはたらいて、実力をつけてから、将来のことを考えることも大切ですよ。

 

-就職活動, 不採用だった後

執筆者: