新卒就活ブログ・これからやるべきこと取り組みたいことは

主に大学生のための新卒の就職活動のやり方をまとめたブログです。就活の準備の仕方や、履歴書・エントリーシート(es)書き方から個人・集団面接のマナー、選考から企業の採用・内定までの流れを書いていきます。

就職活動 会社説明会

会社説明会が満席の場合はもうあきらめるしかない?

投稿日:2014年4月7日 更新日:

会社説明会も、人気のある企業だったら、あっという間に席が埋まってしまいます。

 

そうなると後からキャンセル待ちで、席を取るのも難しいんですよね。

 

企業によっては「○時から説明会の予約を開始します!」と事前に言ってくれるところもありますし、

 

「気がついたらもう会社説明会の予約がはじまっていた」という場合もあります。

 

あらかじめ時間がわかっていれば、スマホを持っていれば外出していても、それでネットにつないで席の予約ができますし、

 

パソコンに予約のページを出しておいて、画面を更新しながら、予約をサッと取ってしまうこともできます。

 

ひんぱんにチェックしていても、ほんの数十分で締め切りになって、乗り遅れてしまうこともありますので、就活生も本当に大変だと思います。

 

最近はネットからの応募で、説明会の予約も企業へのエントリーも非常に簡単にできるようになりました。

 

その簡単にできるようになった反動で、企業側も非常に多くの応募者からの申し込みに対応できなくてなってきてしまって、そのため有名な大学の学生を優先して、席を埋めているなどのうわさもありますが、

 

そんなときは予約する画面を出しておいて、何度も更新してチェックして、はやめに席を取ってしまうことですね。

 

会社説明会の席が取れなかったときは、こまめにキャンセル待ちしていてもいいのですが、

 

どうしても参加したいときは、直接会社に電話して、説明会に参加したいことを伝えてみましょう。

 

メールで連絡するのもいいですが、電話で伝えたほうが、参加したいという熱意が伝わるでしょうね。

 

企業側も、会社説明会に参加したいという学生を、邪険に扱うようなことはしません。

 

意欲のある学生には参加してほしいと思うものです。

 

企業によって対応も違ってきますが、説明会の席を用意してくれたり、別の日の参加を勧められたり、何からの対応をしてくれるところもありますよ。

 

企業の担当者も、説明会が近づくとその準備で忙しくなります。

 

なのでギリギリになって「説明会に参加させてください」というよりは、余裕を持って電話を入れたほうがいいですね。

 

電話をかける時間帯としては、一般的に10~11時半か13時半~16時あたりが、会社の人も電話の対応がしやすい時間かと思います。

 

電話するときも失礼のないようにしましょう。

 

それでもダメなときは、最終手段として、予約は入れてないけど、当日に会場に行ってみて、ダメもとで

 

「参加させてもらえませんか?満席ならあきらめます」

 

とお願いしてみるのもいいかもしれません。

 

当日は欠席者も出ますから、企業によっては入れてくれるところもあるはずです。

 

それで断られたら仕方ないですけどね。

 

参加させてもらえるときは、お礼を言って参加させてもらいましょう。

 

-就職活動, 会社説明会

執筆者: