新卒就活ブログ・これからやるべきこと取り組みたいことは

主に大学生のための新卒の就職活動のやり方をまとめたブログです。就活の準備の仕方や、履歴書・エントリーシート(es)書き方から個人・集団面接のマナー、選考から企業の採用・内定までの流れを書いていきます。

就職活動 お礼状 会社説明会

会社説明会の後のお礼メールは必要?

投稿日:2014年4月4日 更新日:

就活の会社説明会が終わったあとに、お礼のメールを送ってくる方もいらっしゃいます。

 

これは本人の自由なので、メール送る・送らないはその人の自由ですが、メールを送ったからといって、その後の選考で有利になるとは、安易に考えないほうがいいですね。

 

手紙でも同じです。

 

小さな規模の会社で、応募者も少ないなら別ですが、大きな企業になっていると、いちいち読んでいる暇もありません。

 

特に会社説明会は、参加者も多い分だけ、送ってくる方も多いです。

 

お礼メールを送るのはかまわないですが、忙しい時期は特に、ほかのことに時間を使ったほうがいいと思います。

 

会社の担当者が真剣に目を通すのは、エントリーシートや履歴書です。
 
まずはそちらに時間をかけて、充実させることのほうが重要です。
 
あとは企業研究と、面接の対策もしっかりおこなうこと。

 

説明会のお礼メールなどは、無理に送らなくても大丈夫です。

 

会社説明会の後や、一次面接、二次面接、最終面接の後でも、そのつど「お礼メールや手紙」を送ってくる方もいらっしゃいます。

 

それがどれだけ選考に影響するのか、企業ごとに違うのでしょうが、あまり期待はかけないほうがいいでしょう。

 

書類選考も、提出してもらったエントリーシートや履歴書で決まりますし、面接の結果は面接中に決まると思います。

 

企業側もあくまで「お礼のメール・手紙」として受け取るだけで、選考に影響してくるなんてことはないと思っています。

 

でも応募する側としては、「お礼メールは送ったほうがいいのかも」という不安解消のためにも、できる限りのことはしておきたいと思うのでしょうね。

 

会社にお礼メールを送るのなら、会社説明会や面接が終わったら、翌日ぐらいには送っておきましょう。

 

3~4日たってからだと、ちょっと遅い気もしますので。文面も自分で書いてもいいですが、ネットから例文をコピペしてきたものでもいいのではないでしょうか。

 

あまりお礼メールの作成に時間をかけずに、簡単なもので十分です。

 

内定が決まったら、ひと言簡単なお礼メールを出してみてもいいと思います。

 

後はインターンシップでお世話になった企業や、OB・OG訪問で相談にのってくれた方には、ぜひお礼メールは送っておきたいですね。

 

お礼のメールをまったく送らなくても、採用される方は採用されますし、不採用だったときには、ほかに原因があると思ったほうがいいでしょう。

 

-就職活動, お礼状, 会社説明会

執筆者: