新卒就活ブログ・これからやるべきこと取り組みたいことは

主に大学生のための新卒の就職活動のやり方をまとめたブログです。就活の準備の仕方や、履歴書・エントリーシート(es)書き方から個人・集団面接のマナー、選考から企業の採用・内定までの流れを書いていきます。

就職活動 会社説明会

会社説明会へ参加するときに知っておきたいマナー

投稿日:2014年3月10日 更新日:

■会社説明会の受付でのあいさつの仕方

 

就職活動の会社説明会に行くときは、慣れてなければドキドキすると思いますが。

 

受付ではそんなに緊張しなくても大丈夫です。

 

受付から選考が始まっているというわけではないですのでリラックスしていきましょう。

 

会社説明会のやり方もさまざまで説明会に大人数が来るところは、予約を取ったときにパソコンから印刷した受付票を受付の人に提示するだけだったり、ほとんど流れ作業のようになっているところも多いです。

 

建物内に入るときコートなどを着ているときは、玄関の外でコートを脱いで腕にかけてスーツ姿になるのが一応のマナーです。

 

社員の方が受付の係をやっているときは、最初に、

 

「こんにちは」とか「おはようございます」とか「宜しくお願いします」といった挨拶をして、「今日、会社説明会を申し込みました、○○です」と名前を名乗ってください。

 

学校の名前は聞かれたら答えればいいのではないでしょうか。

 

それで受付の人に名簿のチェックをしてもらったり、自分でチェックする場合もあります。

 

会場や席へ誘導してくださった方には「ありがとうございます」などのお礼もできれば忘れずに。

 

何かわからないことがあれば、その場にいる企業の人事の方に聞いてみましょう。

 

こころよく接してくれると思います。

 

それから席について説明会が始まるのを待つだけです。

 

会社説明会の受付時間は、開始時間の30分前ぐらいから会場も開いているのではないでしょうか。

 

時間に余裕を持ってくればパンフレットにも目を通すことができたり、隣に座った就活生や人事担当者の方と話ができるかもしれませんし、会場の雰囲気にもなれることができます。

 

開始時間には遅れないようにしたいですね。

 

■会社説明会で気をつけたいマナー

 

会社説明会は大勢の就活生が集まります。

 

大学の顔見知りの就活生もいて、ちょっと気持ちがゆるんでしまうこともありますが、はじめていく場所ですから最低限のマナーだけは守りましょう。

 

特に細かいことを言わなければ、

 

建物に入って受付で挨拶することと、時間を守ること。

 

建物内では、ほかの部屋で社員が仕事もしているので、へんに騒がないこと

 

ぐらいでしょうか。

 

細かいことまで言ってしまえば、

 

・スマホ・携帯電話の着信音・バイブ音が鳴る

 

 (特に問題がなければ電源はOFFにしておきましょう)

 

・説明会の最中にスマホ・携帯電話をいじらない

 

・説明会の最中に寝ている・ボーっとしている

 

 (大事だと思うところは、ノートなどにメモを取りましょう)

 

・廊下やトイレで大声で騒がない

 

・説明会の最後の質疑応答で、会社の人が困るような質問をする

 

 (本人はデキるところをアピールしたかったのでしょうが、

 

 即答できないような質問されると答えるほうもけっこうつらい。

 

 説明したことをまた聞いてくる)

 

・喫煙場所や、トイレ、会社説明会の帰りに、その会社の感想を友達と言い合う

 

(会社の人が近くにいるかもしれませんよ)

 

会社説明会で無理に目立つような事をして自分をアピールする必要はないと思います。

 

聞きたいことがあるときは面接でも聞くことができます。

 

またペットボトルの飲料を飲むとか、お菓子を食べるとかは担当者が説明しているときより休憩中に飲んだりしたほうがいいでしょうね。

 

これから説明会があるという方も、がんばってください。

 

■会社説明会の持ち物とアンケートの書き方

 

会社説明会のときは、カバンやバッグの中に「メモ帳」「ボールペン」「シャーペン(鉛筆)」「消しゴム」などの筆記用具、「腕時計」もかならず持っていきましょう。

 

また説明会参加の予定が書かれた用紙などがあれば、念のため持って行ってもいいですね。

 

「履歴書を持参してください」とか書いてあったら履歴書を書いて持っていくようにしましょう。

 

持ち物に何も書いてなければ履歴書は持って行く必要はありません。

 

履歴書は大学の生協に売っているものや、文房具店や書店に売っている市販のものなど、どれでもかまいません。

 

履歴書はなるべく折らずに、そのまま入る封筒やクリアファイルに入れて、汚れないようにしてカバンの中に入れていきましょう。

 

会社説明会のエントリーシートやアンケートなどに「説明会に参加した感想を書いてください」と書かれていることもあります。

 

「もしかしたら、これも選考の対象なのでは?」と思ってしまいますが・・・

 

特に印象をよくしようと、いいことばかりを書かなくてもいいと思いますよ。

 

こうした感想を求めても、そこに書かれている内容としては無難な意見が多いときもありますが、企業は会社説明会を通して就活生がどんな感想を持ったか知りたいと思っているのです。

 

応募する側もまわりの就活生との競争がありますが、それは人を採用する企業側も同じなのですね。

 

やはりいい人材に来てほしいと思ったら会社説明会にも力を入れて自社のことを知ってもらって、その上で入社してもらいたいと思っています。

 

そのためには参加した人が「どんな感想を持ったのか?」、良い点も悪い点も含めていろんな意見を集めて、次回以降の会社説明会を開くときの参考にしたいのですね。

 

感想文なので書き方は形式にこだわらなくていいと思います。

 

説明会に参加してみて、どこに興味や関心を持ったか、説明が不足していた点や、もっと聞きたいと思っていた点などを上げてみてください。

 

感想文が特に選考に影響することはないと思いますが、中には「参考になった」「つまらなかった」「特になし」などしか書いてない場合も多いですが、それを読む方もどうしていいかわかりません。

 

悪い点などは具体的に書いたり、できれば改善策まで書いてくれたほうが、また読む人の感想も変わってくると思います。

 

基本的にアンケートは、ボールペンなどで書くことが多いですが、ボールペンだと字を書き間違えると訂正ができないので、「ボールペンで書くのか、鉛筆で書いてもいいのか?」を、その場にいる人事担当者に聞いてみましょう。

 

ボールペンで書くときは字の書き間違えに気をつけましょう。

 

書き間違えたときは、その部分に二重線(=)を引いて間違えた箇所の横や下など、あいている空白の部分に書き直しておけば、それでいいと思います。

 

アンケートの内容も特に選考には影響ないと思うのですが。

 

自分の名前も書くアンケートのときは、面接のときに履歴書やエントリーシートと一緒にアンケートも持ってきて、その内容を面接で質問する企業もあるかもしれません。

 

よくある質問の 「他社の選考状況を書いてください?」といった質問なら、選考にも関係ないので、正直に答えていいと思います。

 

志望動機なども書くアンケートなら、その内容を面接で質問されるかもしれませんので、しっかり書いたほうがいいですね。

 

「志望動機」や「学生時代にがんばったこと」など、よく質問されそうなことは、説明会前に考えていったほうが書くのも簡単だと思います。

 

提出前にはよく見直して書き残しや書き間違いがないかよく見てから提出するようにしましょう。

 

アンケートも会社に提出する書類の一部ですので、ていねいに書いておきたいですね。

 

■会社説明会でのマスクをするときのマナー

 

会社説明会や面接のときもそうですが、風邪をひいているときは、まわりの人に移さないようする配慮も必要です。

 

説明会の雰囲気によっては、マスクをしていると失礼に思われるところもあるかもしれません。

 

そのときは会社の担当者に「風邪をひいているのでマスクをしていていいですか?」とひと言ことわっておきましょう。

 

また風邪をひいて鼻水が止まらなかったり、咳が止まらないときなどは、鼻水や咳止めの薬を飲んでいったほうがいいでしょう。

 

会社説明会の会場内で咳を連発していると、まわりの人も嫌がりますので。

 

社会人になると体調管理にもかなり気を使う人が多いです。

 

冬の寒い時期は特に出勤するときの朝の電車の中でもマスクをしている人が多いです。

 

不特定多数の人が集まって電車やバスに乗っているときに、ほかの人から風邪をうつされることもあります。

 

風邪をうつされて体調を悪くしてしまわないように、または自分から他に撒き散らさないように配慮したいですね。

 

また春先の花粉が飛ぶ時期も、花粉症の方はマスクが手放せないと思います。

 

ちょうど説明会が始まる時期になりますが、あまり無理はしないでマスクが必要なときはしっかりとして、症状がひどくならないように気をつけましょう。

 

■説明会で居眠りすると目立ちます

 

就活の会社説明会で人事担当者の話を聞いているとき。

 

退屈してきてだんだん眠くなってウトウトしたり、机に突っ伏したり、ほおづえをついて寝てしまう人もいます。

 

本人はばれていないと思うかもしれませんが、向かい合って話をしている方からしたら部屋全体を見渡せますので、前の方に座っていようと後ろの方にいようと完全に寝ていることがわかります。

 

個別の会社説明会では静かに寝ている人は進行の妨げにはならないので、迷惑にならなければ、そのまま放っておかれることが多いと思います。

 

人事担当者の説明を聞いているかどうか、細かくチェックするようなことまではしないですが、へんに目立ってしまって顔を覚えられてしまったら、その後の面接での印象も悪くなってしまいます。

 

ですので説明会の間ずっと寝ていたり、あくびを何度もする人や、ほかの就活生に迷惑をかけるような人、髪型や服装やマナーが悪いといった点で目立ってしまうようなことには気をつけましょう。

 

■会社説明会での眠気対処法

 

会社説明会が始まるときは多少の緊張感がありますが、開始から時間が立ってその場の雰囲気に慣れてくると気がゆるんできてしまって、それで眠くなってきてしまいます。

 

その上に話の内容が退屈だと感じると、よけいに眠気が襲ってきて、ついついまぶたが重くなってきてしまうこともあります。

 

前の日の夜にしっかり睡眠をとってきたとしても、どうしても眠くなるときってありますよね。

 

この説明会が次の選考につながる大事なことだとわかっていても、眠気に勝てないことがあります。

 

そんなときに眠気を抑える方法としては、

 

・前日の夜はしっかり睡眠時間を確保する

 

・コーヒーやお茶などのカフェインの入った飲み物を飲む

 

・ガムを噛む

 

・午前中は外をに出て太陽の光を浴びる

 

・午後からのときは昼食を軽めにする

 

・説明会開始前に10分ほどの仮眠をとる

 

・説明会開始前に軽い運動やストレッチをする

 

といった眠気対策を実践してみましょう。

 

説明会の最中は、缶やペットボトルなどの飲み物を持ち込んで飲んだり、ガムを噛むといった行為は、基本的にはしないほうがいいでしょう。

 

場合によっては注意されることもありますので、コーヒーやそのほかの飲み物を飲んだりフリスクやガムを噛むといったことは、説明会が始まる前にしたほうがいいですね。

 

また午前中に眠くなるのは、まだからだが完全に目が覚めていない状態なので、ちょっと時間をとって外を散歩するなどして太陽の光を浴びるなどしてみましょう。

 

そのほうが目が覚めると思います。

 

午後から眠くなるのは昼食で食べる炭水化物や甘い食べ物・飲み物が原因となります。

 

お昼は、ごはんやパンや麺類などの炭水化物はちょっと控えめにして、砂糖入りの甘い食べ物・飲み物はとらないなどの工夫をしてみるといいですね。

 

あとは10分ほどの短時間でも仮眠がとれれば頭はスッキリしますし、眠くないときは近くを軽く歩いてみたり、ストレッチをすることも、眠気解消に効果があります。

 

説明会の最中に眠くなったときは、できることは限られてしまいますので気合を入れて目を開けているしかありません。

 

眠くなりそうなときは何らかの対策をしておきたいですね。

 

■一番効果がある眠気対策は?

 

また不規則な生活をしていると、その影響で日中の活動しているときに簡単に眠くなってしまいます。

 

夜遅くまで夜更かししたり休みの日は昼まで寝ているなど、起きる時間や寝る時間がそのつど変わってくると、体内時計が狂って日中も眠くなってしまいます。

 

学校や仕事がない日は深夜までダラダラ起きていたり、長い時間寝ていたいと思うときもあります。

 

でもそれで生活のリズムがおかしくなってしまうのですね。

 

寝る時間や起きる時間はしっかり決めて、それを習慣にすることで昼間は眠くならずに活動できるようになります。

 

休みの日だからといって長時間寝るようなことをすると、逆に慣れていないことをして疲れてしまって、起きてもまた眠くなってしまうこともあります。

 

休日でも自分を甘やかさずに平日と同じ時間に寝て、朝もだいたい同じ時間に起きるようにしましょう。

 

特に就職活動をしているときは大事な時に眠くならないように、しっかり自己管理することが大事になります。

 

夜は0時前までには寝て7時間の睡眠を確保するのがベストです。

 

自分のからだに生活リズムを覚えさせることで、昼間も眠くならずに集中力を持続させることができますよ。

 

ぜひためしてみてください。

 

合同・個別の企業説明会のときにまだ選考が始まっていなくても、そのときに人事担当者には見られています。

 

説明会で寝たら選考に落ちるというようなことはないと思いますが、最初でつまづかないようにがんばってください。

-就職活動, 会社説明会

執筆者: