新卒就活ブログ・これからやるべきこと取り組みたいことは

主に大学生のための新卒の就職活動のやり方をまとめたブログです。就活の準備の仕方や、履歴書・エントリーシート(es)書き方から個人・集団面接のマナー、選考から企業の採用・内定までの流れを書いていきます。

エントリーシート・履歴書 電話・メール連絡

就活のとき会社に電話をかける最適な時間帯はいつ?

投稿日:2014年2月14日 更新日:

就職活動の選考が進んでいけば、応募した企業から電話がかかってくることもあります。

 

そのときに電話に出られないときのために、スマホや携帯電話の留守電の設定はしておきたいですね。

 

また、相手から電話がかかってきて、それに出られなかったときは、こちらから折り返しの電話をかけて、用件を確かめましょう。

 

留守電に「また折り返し電話をします」と伝言が入っていても、それもまた決まり文句みたいなもので。

 

企業の担当者もまた、今度いつ電話しようか迷っていると思います。

 

そのまま他の仕事が立て込んで、電話することが遅れてしまうこともありますので、自分から会社に電話して、用件を聞いてしまったほうがはやいですよね。

 

■メールはよけいに時間がかかってしまう

 

でも会社に電話をかけるときって、ちょっと緊張しますよね。

 

電話するのが嫌で、できればメールで要件を聞いてしまおうと思っている方もいると思います。

 

でもメールの文章をどうやって書くか考えたり、PCやスマホで文章を打ち込むにも、けっこう時間はかかります。

 

メールの文字を打ち込んでいると「就活している感」はありますが、ただ時間がかかるだけで、効率が悪い場合もあるのです。

 

しかもすぐに会社の人からメールの返事が来るわけでもないので、返事を待っている間も、ちょっとしたストレスになります。

 

すぐに知りたいような用件のときは、電話してしまったほうがはやいです。

 

仕事をする上でも、「デキる人」というのは、今すぐにできることをあとまわしにはしません。

 

連絡の用件は、すぐに相手に電話してはやめに確認します。

 

あとまわしにして忘れてしまって、ずっとほったらかしにしたら信用にも関わります。

 

できることは、早めに済ませたほうがいいですよ。

 

■会社に電話をする時間帯はいつがいいか?

 

会社に電話をかけるタイミングは、平日の9時から17時ぐらいの仕事をしている時間帯でいいと思います。

 

12~13時のお昼休みの時間は、会社の人も、ゴハンを食べたり休憩している貴重な時間なので、なるべくならひかえたほうがいいですね。

 

そのときの電話のかけ方の例としては、

 

「お忙しいところ恐れいります。○○大学の(自分の名前)と申します。

 

先ほど採用担当者様からお電話をいただいたのですが・・・」

 

もしくは、

 

「私、○○大学の○○と申します。お忙しいところ恐れ入ります。□□の件でお電話いたしました。採用担当者様はいらっしゃいますでしょうか。

 

でいいと思います。

 

最初に「学校名」「名前」それと「用件」を簡単に伝えましょう。

 

また担当者が不在のときは、「何時ごろお戻りでしょうか?」といつ戻るのか聞いて、

 

「またその時間にお電話させていただきます」と、あとで連絡することを伝えてかけなおすようにしましょう。

 

■用件をメモするときの注意点

 

電話するときはまわりが静かな、相手の声が聞き取れる場所を選んで。

 

面接の日時など大事なことは、復唱して相手に確認して、メモ帳やノートなどにメモにとっておくこともお忘れなく。

 

電話での会話の中で、面接の日時など大事なことは、聞き間違えてしまうこともありますので、こちらから

 

「○日の14時、持ち物は□□ですね?」と復唱して相手に確かめてから、しっかりメモに取りましょう。

 

ここは聞き間違えてしまうと大変ですから。

 

会社の人に気を使ってなのか、電話している最中に重要なことをメモしないで、その場でとりあえず覚えておいておこうとする人もいます。

 

私もそれをやっていたことがありますが、人間の記憶って、あいまいなところがあるんですよね。^^

 

面接の日時を覚えたつもりだったけど、電話を切った後に、「あれ、○月の15日だっけ、16日だっけ?」と言うことはよくあります。

 

もうそうなると、どれが正しいのかわかりません。

 

日時を間違えてしまったら、大変ですよね。

 

もう一度会社に連絡して、担当者の人に聞かないといけなくなります。

 

また電話して確認するのもちょっと気がひけますし、それでよけいな時間も使ってしまいますから、大事なことを聞いたときは、しっかりメモしておきましょう。

 

会社の担当者が「面接は○月○日△時です」と言ってきて、

 

その場にメモするものがなかったら、「すみません、ちょっと待ってください」とことわって、ノートや鉛筆を用意するなり、スマホや携帯にメモするなりしましょう。

 

そのくらいは相手の人も待ってくれます。

 

大事なことは記憶しようとしないで、その場で文字として残しておきましょう。

 

企業の担当者も、学生の方が電話のかけ方に慣れていないのを知っていますので、そんなに緊張する必要もないです。

 

会社に電話するのも、最初は緊張して勇気がいるかもしれませんが、がんばってくださいね。^^

-エントリーシート・履歴書, 電話・メール連絡

執筆者: