新卒就活ブログ・これからやるべきこと取り組みたいことは

主に大学生のための新卒の就職活動のやり方をまとめたブログです。就活の準備の仕方や、履歴書・エントリーシート(es)書き方から個人・集団面接のマナー、選考から企業の採用・内定までの流れを書いていきます。

面接対策 会社説明会

会社説明会や面接で聞いてはいけない質問もあります

投稿日:2014年2月14日 更新日:

 

会社説明会や面接で、担当者の人から「何か質問ありますか?」といわれたときは、とりあえず何でも聞いていいというわけではありません。

 

一度説明したことをもう一度質問してきたり、ちょっと変わった、わけのわからない質問をしてきたり、

 

中には最後の最後に、まったく悪気のない顔をして、地雷を踏むような質問をしてきて、印象を悪くするような。

 

そんな人も、中にはいます。^^

 

質問する内容も、やっぱりセンスが問われます。

 

「それ、いい質問ですね!」と池上彰さんが目を輝かせていうことがあるように、そのときの雰囲気で、その場じゃないと聞けない質問はあるものです。

 

質問を受け取る側は何も言わないでしょうが、何でも聞いていいというものでもないんですね。

 

そのへんはちょっと空気を読んでほしいと思います。

 

学生も何か質問して、会社の担当者の印象に残ればといいと思ってはいるのでしょうが・・・

 

「さっきそれ説明したじゃねえか!聞いてねえのか?」(こころの声)

 

「そんな簡単なこと、自分で調べられるだろ?」(こころの声)

 

「オレのこと聞いてどうすんだよ、意味ねえだろ!」(こころの声)

 

と、会社の人も笑顔とやさしい言葉で質問をかわしながら、内心ではイライラしていることもあるってことです。

 

でも仕方ありません。

 

そんな相手が感心するような質問は、簡単には思い浮かばないですよね。

 

できることといえば、就活の基本的な知識や、会社説明会や面接に行く会社の情報は最低限、頭に入れておくことぐらいです。

 

事前に質問を考えておいてもいいですね。 

 

相手企業のことをある程度知って、知識を頭に入れておかないと、質問も的外れになることもあります。

 

質問の内容の見極めも必要です。

 

面接でも最後に、面接官側から「質問はありますか?」と聞かれることがあります。

 

そんなときも無理しないで、答えられないときは「特にありません」でいいのです。

 

何か質問しなきゃと思って、あせってへんな質問をしても逆効果な場合もあります。

 

特に記事に載っているような質問は、その場の雰囲気を考えてしたほうがいいですね。

-面接対策, 会社説明会

執筆者: