新卒就活ブログ・これからやるべきこと取り組みたいことは

主に大学生のための新卒の就職活動のやり方をまとめたブログです。就活の準備の仕方や、履歴書・エントリーシート(es)書き方から個人・集団面接のマナー、選考から企業の採用・内定までの流れを書いていきます。

就職活動 内定辞退

内定をもらった後も就職活動は続けていいのか?

投稿日:2015年3月30日 更新日:

第一志望の企業から内定をもらったら、はやばやと就職活動を終了させて、あとは存分に遊びたいという方もいるでしょう。

 

または本命の企業から内定をもらったあとも、そこはキープしておいて、ほかの企業の面接に出かけるなどして、就職活動を継続する方もいると思いますが。

 

就職活動のやり方は、人それぞれありますので、どちらの方法をとってもいいと思います。

 

■ 正直に「内定が決まったも就活を続けます」と言えればいいけど・・・

 

企業の採用担当者も面接で、「内定を出したら必ず入社してくれますよね?」と言ってくるところもあると思います。

 

あるいは「内定を出したら、ほかの受けている企業はキャンセルしてください」というところもあるようです。

 

本当はまだ就職活動を続けたいと思ってい時に、そう言われると返答に困りますよね。

 

その答えとして、「他社の選考の結果がわかるまで待っていただけませんか?」と言えればいいのですが・・・

 

まだ内定がもらえていない時点で、そう言ってしまうと、企業側の気持ちが変わってしまうこともありますので、多少のリスクはあります。

 

その企業の採用担当者も「ウチが内定を出すといっているのに、それでもまだ就職活動をするつもりなんだ・・・」と不快に感じてしまうこともあるでしょう。

 

企業側も入社を断られる可能性が見えた時点で、不採用を決定してしまうこともあります。

 

そこは正直に言えたらいいのですが、おさえておく企業として、内定をひとまず承諾しておくこともひとつの手です。

 

またあまりいないと思いますが、自分から「内定をいただいても、就職活動を続けてもいいですか?」と聞くのはやめましょう。

 

正直に話して了承を得ようとしても、ただよけいな問題を増やすだけです。

 

■ 本音と建前の問題?

 

正直に「御社から内定をいただいても、今後も就職活動は続けます」ということを言ってしまうと、「御社は第一志望ではありません」と言っているのと同じ意味で受け止められてしまいます。

 

そのあと、ほかの会社には受からずに、その会社に入社するようになった場合、入社後の印象も悪くなってしまう可能性もあるでしょう。

 

そういったことにも注意したいですね。

 

会社からすれば、内定辞退者数はゼロであってほしいですが、実際には辞退者が出てしまうのはやむを得ないものと思っています。

 

また企業側も、内定を出した学生の行動をいちいち監視しているわけでもないですので、特に支障もなくその後も就職活動を継続することはできるのですね。

 

ですので内定をもらった後も、本人の考え次第で就職活動は続けることができます。

 

■ 人の考えは変わる

 

ある方は「自分は入社したいと思っているけど、親が納得してくれないんです」といった理由をつけて内定承諾の決定を延期してもらえたそうですが、

 

内定の返事を求めている企業に、「他社の結果を見てから決めたい」という説得は、むずかしいかもしれません。

 

また最終面接のときに「必ず入社してくれますよね?」と面接官に念を押されて、その場で「はい」と答えたものの、その翌日には「やっぱり就職活動を続けたい」と考えが変わることもあるでしょう。

 

最終面接のときには入社するつもりだったので、「はい」と答えたのは嘘ではありません。

 

でもその後に考えが変わってしまうのは、どうしようもありません。人の考えは変わりますので、そのときは仕方がないですよね。

 

企業も、入社したくないという人を無理やり入社させるようなこともしません。

 

ただそうはいっても、この世の中は人と人との信頼関係で成り立っています。

 

企業の採用担当者も、応募者に内定を承諾してもらえて「わが社にいい新人が来てくれそうだ」と、うれしそうに期待して入社するときを待っていることも事実です。

 

ある程度予測はしているものの、期待を裏切られたときは気持ちのいいものではありません。

 

そのことは知っておいたほうがいいですね。

 

■ 内定承諾後の辞退

 

就職活動を続けて他社から新しく内定をもらったときに、その前に承諾した企業の内定を辞退することもできます。

 

内定を辞退するときも、社会人としてのマナーのっとってお断りをするなら、特に文句は言われないでしょう。

 

内定をもらったお礼状を出していたとしても、辞退することはできます。

 

ただ企業との間に内定承諾書を交わしていると、辞退するときはちょっと面倒になります。

 

内定承諾書にサインしていても、内定を辞退することはできるのですが、これを断るには道義上の責任として謝罪することも必要になってきます。

 

企業の採用担当者に怒られることもあると思いますし、場合によっては学校に話が行って、今後この企業を受ける後輩に迷惑をかけることもあるかもしれません。

 

話がこじれたときは、学校の就職課などに相談するなどしてみたほうがいいですね。

 

また内定を辞退するときはなるべく早めに連絡しましょう。

 

連絡するのをめんどくさがったり、するのがイヤで引き延ばして、卒業する間際になって辞退の連絡をしてきたり。

 

まったく連絡しないで、そのままほったらかしにして、入社日に会社から連絡がかかってくるような人もいるようです。

 

企業も新しい人を入れるための準備に時間やお金をかけていますので、辞退すると決めたらできるだけはやく連絡したほうがいいでしょう。

 

引き延ばせばその分だけ、会社に迷惑をかけてしまいます。

 

内定辞退するときはメールで知らせるより電話連絡のほうがいいでしょう。

 

辞退するときは、はやめに会社にしらせるようにしてくださいね。

 

-就職活動, 内定辞退

執筆者: