新卒就活ブログ・これからやるべきこと取り組みたいことは

主に大学生のための新卒の就職活動のやり方をまとめたブログです。就活の準備の仕方や、履歴書・エントリーシート(es)書き方から個人・集団面接のマナー、選考から企業の採用・内定までの流れを書いていきます。

エントリーシート・履歴書 スマホ・手帳

就活ノートには何を書き込めばいいのか?

投稿日:2015年1月14日 更新日:

■ 就活ノートは必要なもの?

 

就職活動で、自分の集めた情報をノートなどにまとめている方も多いです。

 

「自己分析用」「企業・業界研究用」「スケジュール管理用」とかいくつも分けてノートに書いている人もいますし、

 

逆にノートなどは一切使わないで、就活している人もいます。

 

就活用のノートをつくるかつくらないかは、その人の性格にもよるのでしょうね。

 

自分でノートに書いて、情報を体系的にまとめたほうがわかりやすいという人もいますし、いちいちノートをまとめるなんてめんどくさいという人もいます。

 

「ノートの作り方」にしても、人それぞれまったく変わってくると思います。

 

「ノートをまとめたほうが就活がうまくいく」とは一概には言えません。

 

でも友達の就活のやり方や、セミナーなどで教わった方法を取り込んでみて、自分に合うようだったらその方法を採用すればいいのです。

 

■ どんなノートを使えばいいのか?

 

ノートの書き方というのは、人によって違いますが、ここでは私のやり方を紹介します。

 

私が就活していたときは、持ち運びに便利で、カバンから取り出しやすい、手のひらサイズの小さい手帳を使っていました。

 

会社説明会に行くと、どこでも机が置いてあるわけではないですし、立って何かメモしないといけない場面もありましたので、立っていても書き込めるサイズの手帳と筆記用具を持っていました。

 

メモ書き程度に使いたいのなら、無印良品のA6サイズのダブルリングノートがオススメです。

 

たいてい立ちながら書くと、字も汚くなって読み返したくなくなりますので、帰宅してからメモした内容をノートにきれいに書き写す作業をしていました。

 

二度手間になりますが、2回書いたほうが覚えますし、ノートにまとめるときは、そのときに思いついたことも書けますので、参考になる情報量も増えます。

 

スケジュール管理は、手帳についていたカレンダーに書き込んで、毎日見直していました。

 

ノートに関しては何でもいいと思います。

 

最近はコクヨが出している就活専用のノートなどもありますが、普通の大学ノートやルーズリーフでもいいですし、自分の使いやすいものを使いましょう。

 

バッグに入れて持ち歩かないのだったら、A4サイズのノートなどにまとめたほうが便利です。

 

就活ノートは企業の担当者に見せるものでもないので、表紙がカラフルなものでもいいと思いますよ。

 

■ 就活ノートに何を書くのか?

 

ノートに書き込む内容は、人によって変わってきますが、例として、

 

・自己分析用

 

 どんな仕事をしたいのか、将来の展望などを書く

 

・企業や業界分析用

 

 企業名と選考方法、説明会や面接に行ったときの感想

 

 会社規模、給与・待遇、社員の印象、志望度

 

 説明会や面接で質問したいこと、それに対する面接官の回答

 

 面接で聞かれたこと、それに対する自分の回答

 

 (パソコンで企業ごとの比較表をつくってみると便利)

 

・スケジュール管理用

 

 企業ごとのesの提出日、説明会や面接の日時
 スケジュール管理は日付のついたカレンダーに一ヵ所にまとめたほうが見やすい

 

・よくある質問のひな形

 

 「学生時代にがんばったこと」「自己PR」「長所・短所」「何年に卒業したかなどの自分の履歴」

 

その他書き込むことは、自分で考えてみてください。

 

就活ノートも、結局は自分で必要なことを記憶できて整理できてればいいので、絶対に必要というものでもありません。

 

処理能力の違いなのか、ノートなどをつくらなくても内定をバンバン取る人もたくさんいます。

 

ただ情報があまりにも多いときは、ノートなどにまとめたほうがわかりやすくて、間違えも少なくなりますし、情報をまとめることで何か気がつくこともあるでしょう。

 

ノートをつくったけど、それをまったく見返さないと意味がないので、時間があるときによく見直しておきたいですね。

-エントリーシート・履歴書, スマホ・手帳

執筆者: