新卒就活ブログ・これからやるべきこと取り組みたいことは

主に大学生のための新卒の就職活動のやり方をまとめたブログです。就活の準備の仕方や、履歴書・エントリーシート(es)書き方から個人・集団面接のマナー、選考から企業の採用・内定までの流れを書いていきます。

就職活動 内定後のこと

内定が決まった後に不安にならないために

投稿日:2014年9月13日 更新日:

就職活動で情報を集めようと思えば、たくさんあって混乱することもありますよね。

 

特にネットを見れば、会社の評判などがたくさん書かれています。

 

批判や中傷するようななことも、けっこう書かれていることもあります。

 

でもそれは、ある意味、仕方のないことなんですよね。

 

仕事をしていれば大変なことやつらいことも当然ありますし、優良企業といわれているところでも「きついな」って感じるところは山ほどあります。

 

優良企業だからといって、待遇もよくて、仕事もきつくなくて、思いやりのある人ばかりというわけではありません。

 

お金をもうける目的がある以上は、時と場合によっては、非情になる場合もあるってことです。

 

また、あの会社は給料が少ないとか残業が多いとか、人間関係が悪いとか、いろいろ書かれていたとしても、そこではたらいている人たちがどう感じているかは、人それぞれ違うと思います。

 

ひとつの事柄だけをみて判断するのではなく、いいところやわるいところも全部含めて判断しないと、何も決まりませんよね。

 

仕事をする量が多くても、その仕事が好きだったり、スキルを上げたいとがんばっている人は、それほど大変さを感じないでしょうし。

 

上司や同僚と人間関係がちょっと悪くても、給与や福利厚生などの条件がいいため、仕事を続けていきたいと考えている人もいるでしょう。

 

何よりも仕事があるだけでもありがたいと思って、多少仕事が大変でも、生活のためにがんばっている人も、世の中にたくさんいます。

 

ネットに書かれていることが本当だったとしても、仕事の大変さやつらさの感じ方は個人差があるので、あまり比較のしようがないです。

 

実際にネットに書かれている情報は、本当かどうかを入社前に確かめることもできませんし。

 

私たちも会社の誹謗中傷の書き込みを見ると、そこから想像をふくらませて、本当に大変なところだと思って恐怖を感じてしまうのです。

 

逆に内定先が決まったら、情報を遮断してわるいものは見ないほうがいいのです。

 

それ以上のことは検索しないで、気持ちを落ち着かせることを優先して、入社日を待つほうが精神衛生上、いいですよね。

 

不満を書き込むほうは、自分の名前を明かさないし、不満を吐き出すにはネットは最適の場所ですし、読むほうは何も知らないからそれを真に受けてしまいます。

 

でも実際は、自分で入社して、仕事を経験してみないとわからないことだらけなんですよね。

 

就職先が決まったあとに、ネット上の会社の評判を見て不安になることもあるかと思います。

 

そんなときは、なぜその会社を選んだのか?もう一度再確認して気持ちを落ち着かせましょう。

 

-就職活動, 内定後のこと

執筆者: