新卒就活ブログ・これからやるべきこと取り組みたいことは

主に大学生のための新卒の就職活動のやり方をまとめたブログです。就活の準備の仕方や、履歴書・エントリーシート(es)書き方から個人・集団面接のマナー、選考から企業の採用・内定までの流れを書いていきます。

就職活動 大学中退

大学中退した理由は面接に行けば必ず聞かれる

投稿日:2014年1月29日 更新日:

大学を中退してしまうと、基本的には「四年生大学卒以上」の会社に就職することはできません。

 

そこが大卒と高卒の違いにもなってきます。

 

20歳前後だったらまだ若いので、中途採用の就職先はそれなりに見つけることはできますが、 もちろん「大卒」の資格が必要な仕事にはつくことはできません。

 

「大卒」の資格があるのとないのとでは、就職してみると、その差が給料や役職などでもわかってきます。

 

大卒者のための新卒の就活をする資格もなくなりますし、実際にいろんな求人を除いてみても、「大卒以上」を条件に出している会社は、けっこうあります。

 

そうした求人には応募できなくなってしまうのですね。

 

また大学を中退したとなれば、履歴書に書く最終学歴は「○○大学中退」となりますが、立場は高卒とほとんど変わりません。

 

就職先の給料も高卒扱いとなるでしょう。

 

■親をどうやって説得するのか?

 

大学を中退する理由はそれぞれあると思います。

 

だんだん学校にいくのがイヤになって、挫折して大学に行かなくなってしまったり。

 

経済的に苦しくなってきて、学費を納めることができなくなって、大学をやめてしまったり。

 

他にやりたいことができたからとか、仕事がしたくなったからとか、専門学校へ行くとか、公務員試験を受けるとか。

 

理由はいろいろありますが、自分だけで決断するより、まずは学費を払ってくれていた親と、よく相談してから決断することをおすすめします。

 

自分の判断だけで決めてしまって、それでもめる人もけっこういますからね。

 

親も人生経験があるだけに、シビアに物事を見ています。

 

大学で学ぶことは何でもいいけど、しっかり大学を卒業して、学費をかけた分に見合った就職先を探してほしいと思っているはずです。

 

大学へ行く学費を払ったのは、「大卒で入れる条件のいい会社に就職してほしいから」なんです。

 

ぶっちゃけて言うとそこなんです。

 

かいつまんで言えば、大学で勉強もしないで遊んでいてもいいから、卒業後の進路は安定した会社に勤めてほしいと願っているのです。

 

それを裏切って「大学中退する」といえば、親を説得するのはむずかしいところではありますが・・・

 

個人的には大学へ入ったのなら、ちょっと無理してでも大学を卒業して就職することをオススメします。

 

社会に出てから、「やっぱり大学を卒業しておけばよかった」と後悔する人も多いです。

 

そうならないためにも、大学を中退するときの決断は慎重に。

 

中退してもまた大学に入りなおすなど、やり直しもできますが、若いときだからこそ大学に通っていられるという現実もあるのです。

 

■大学中退後の就職活動はどうなる?

 

学校を中退すると、就職や転職するときに、ちょっとした「わずらわしさ」がついてまわることになります。

 

それは志望する企業の面接に行ったときに学歴を見て、「なぜ学校を中退したの?」という質問が、どこでもされるということです。

 

これはちょっと面倒かもしれませんね。

 

「そんな質問をされるのも、20代のときぐらいでしょ?」と思うかもしれません。

 

それがまた、30代40代になっても、就職・転職する時には聞かれることがあります。

 

それを聞く理由は、「途中でやめちゃったから」です。

 

学校を中退したからには、何らかの理由があるわけで、それを聞いておきたいという担当者が多いですね。

 

その理由が採用・不採用に影響するかどうかは企業ごとに違ってきますが、学校を中退した説明がうまく伝わらないときには、印象を悪くしてしまうこともあるでしょう。

 

そのへんは気をつけておきたいですね。

 

30、40代になっての転職で、それまでの仕事の経験も豊富だったら、大学中退の理由も「若気の至りで・・」でいいのかもしれませんが。

 

学校を中退してそれほど職歴もないときは、しっかり理由を説明できるようにしておきたいですね。

 

昔、アイドルグループに所属していた人が「元○○のメンバーだった□□さん」とテレビで紹介されるように、過去の経歴はけっこうついてまわります。

 

本人にとってはあまり触れられたくないけど、就活のときに大学を中退した履歴などもついてまわって、そのつど説明することになるかもしれません。

 

そこはよく理解しておきましょう。

 

-就職活動, 大学中退

執筆者: