新卒就活ブログ・これからやるべきこと取り組みたいことは

主に大学生のための新卒の就職活動のやり方をまとめたブログです。就活の準備の仕方や、履歴書・エントリーシート(es)書き方から個人・集団面接のマナー、選考から企業の採用・内定までの流れを書いていきます。

就職活動 企業研究

「就職四季報」のKindle版が発売されています

投稿日:2014年8月4日 更新日:

本屋に行くといろんな「四季報」の本が売っていますが、就職活動で使うとなったら「就職四季報」ですね。

 

これは就職活動用に作られたものですから。

 

「会社四季報」でもいいかもしれませんけど、中身はだいたい同じです。

 

就職四季報は、毎年だいたい11月頃に発売されます。

 

就職四季報は、一般的な「総合版」だけでなく、「女子版」や「中堅中小企業版」というものも発売されています。

 

「女子版」は昔からありましたが、「中堅・中小企業版」というのも、去年あたりから出ているみたいです。

 

中身がどんなものなのか、よくわかりませんが。^^

 

本の場合は、定価が2037円。

 

今年4月には、就職四季報のKindle版も出て、それは1667円。

 

あの分厚い本を手に取るよりも、Kindle版の方が見やすそうですね。

 

四季報を買ったけどまったく読まなくて、「押し花用」に使っているという話も聞きましたが、読まない人はまったく読まないでしょうね。

 

就職四季報を買わなくても読まなくても、就職できる人は出来ます。

 

でも本屋でちょっと見てみたり、大学、一般の図書館にも置いてありますので、それをサラッと見てみるのもおもしろいと思いますよ。

 

就職四季報には、いろんな会社の事業内容や業績、社員数、平均年齢、売上高、利益額などが書いてあります。

 

就職するにあたって注目したくなる「離職率」とか「残業時間」の数字とかも書いてありますが・・・

 

この辺は参考程度に見て、あまり鵜呑みにはしないほうがいいですね。

 

残業時間も部署や時期によって、時間もかなり変動するでしょうし。

 

離職率が低いからといって、働きやすい職場とはいえません。

 

その数字だけでは見えてこない部分もありますので、あくまで目安程度にしておきましょう。

 

就職四季報が使えるのは、個人的には「業界研究」のときですね。

 

会社ごとに整理されていますので、パラパラめくっていくだけでも「こんな会社があるんだ」と気づくことがあります。

 

また、同じ業界内にどんな競合他社があるのかを、調べることも出来ます。

 

ネットだとどうしても、自分の気になる会社を調べるだけで、自分の知らない企業を見つける機会も少ないと思います。

 

広く浅く、いろんな会社を知るには便利な本だとと思いますよ。

 

四季報を見ていて「この会社、よさそう」と思うところがあったら、ネットでくわしく調べてみるといいですね。

 

就職四季報を買うかどうかは、懐次第でしょうか。

 

-就職活動, 企業研究

執筆者: