新卒就活ブログ・これからやるべきこと取り組みたいことは

主に大学生のための新卒の就職活動のやり方をまとめたブログです。就活の準備の仕方や、履歴書・エントリーシート(es)書き方から個人・集団面接のマナー、選考から企業の採用・内定までの流れを書いていきます。

就職活動 面接対策

面接で面接官と話が盛り上がることができれば採用間違いなし?

投稿日:

就職活動の面接は、その企業の採用担当者によって雰囲気もずいぶんと変わってきます。

就活生に緊張感をやわらげてもらおうと思って、軽い話題からはいって気さくに話をしてくれる人もいます。

おそらく最終面接で、企業の社長などのお偉いさんが出てくるときは、ちょっと砕けた話も多くなるのではないでしょうか。

反対に面接でよけいな雑談などはまったくしないで、「警察の取調べ?」と思うぐらいの、ドライな選考の会話のやり取りだけで面接を終えることもあるでしょう。

どんな雰囲気になるのかは、面接に行って見ないとわからないところではありますが・・・

 

■面接官の態度が「冷淡」だった場合

集団面接をしているときに、ほかの就活生には笑顔でなごやかに接しているのに、自分のときにはほとんど感情を表に出さずに質問をしてくる面接官がいたり。

待合室で自分の面接の順番を待っているときに、面接中の就活生と面接官が和気あいあいと談笑ながら話をしているのが聞こえてきていたのに、

自分の面接の番になったら、面接官に笑顔や雑談など一切なく、むしろ厳しい表情のまま志望動機を聞かれるなど会話が淡々と進んで、そのまま面接が終わってしまったり。

もうこうなると「理由はわからないけど、面接官に嫌われたのかな?」と思ってしまいますよね。

そして「もう終わった・・」と思って、落ち込んでしまうことも。

しかし面接官の態度が冷たく事務的に感じても、結果はどちらに転ぶかはまだわかりません。

態度が冷淡なのは、

「もうこの人は採用の可能性はないと考えて流している」場合もありますが。

「採用の可能性があるからこそ、真面目な話が続けてどんな人なのかより知りたい」と考えているときもあります。

どちらなのかは、面接官の表情や態度からうかがい知ることはできません。

そのときに担当した面接官の性格や応募者との相性もあります。

話し好きで気さくな人がいる反面、あまり砕けた話題で場を盛り上げるのが苦手な人もいますし「そういった場の空気など関係ない」と考える面接官もいます。

 

■面接で会話が盛り上がるための話題づくり

面接のときに担当の面接官と話が合って、会話がはずむこともあります。

お互いに共通の話題が合ったり、興味のあるものが一致していれば、緊張もしないで話しやすくなりますし、相手も親近感を持ってくれるでしょう。

そんな話が盛り上がるきっかけになる話題といえば、

・出身地や出身校が同じ

・共通の趣味を持っている

・共通の知人がいる

・めずらしい経歴や資格・検定を持っている

などでしょうか。

面接官が応募者の履歴書やエントリーシートを見て、「○○大学出身なの?私の後輩だね^^」といったところから話が盛り上がることがあるかもしれません。

しかしどんな面接官に当たるかわからないので、出身地や出身校が同じとか、共通の趣味や知人などは偶然当たるのを期待するしかありません。

でもめずらしい経歴や趣味、資格や検定で相手の気をひくことはできます。

芸能人やテレビのアナウンサーのプロフィールを見てみると、めずらしい経歴や趣味、資格や検定が書いてあることが多いですよね。

やはり人の目を引くためには、ほんのちょっとでもいいので、ほかの就活生と差別化できて目立てる何かがあるといいのです。

それが採用の決定打にはならないけど、相手に印象付けることはできます。

 

■面接官の気をひくためには?

例えば「ニンジャ検定」という検定を持っていて、それを履歴書やエントリーシートの資格の欄に書いておくと、

それを見て興味を持った面接官は「ニンジャ検定って何ですか?」と聞いてくることがあります(スルーする人もいますが・・)。

めずらしくてちょっと笑ってしまうような検定を持っていると、「ちょっと変わっていて面白い人なのかな」と思ってくれることもありますよね。

しかも面接中に採用と関係のない話をすることで、面接官と応募者のお互いの緊張感もやわらぎます。

それに緊張しないで話ができる機会があることで、その後の会話もスムーズになるという効果もあります。

面接も最初から最後まで緊張感が続いていると、気持ちがなんとなく萎縮してしまって、言いたいことが満足に言えないなんてこともあるかもしれません。

終始そんな雰囲気だと、自分が不利になってしまいます。

自分から面接の場を和ませる話題を提供して、面接の進行を有利に運ぼうとすることは、作戦のひとつとして有効ですよね。

 

■面接で話が盛り上がったけど落ちる可能性もある

面接官と会話がはずんで好印象を持ってもらえたようだけど・・・その後はどうなるかはわかりません。

もしかしたらその後の本題の自己PRでは、印象に残らずに、ただ雑談で盛り上がっただけで終わってしまうこともあります。

また面接官と親しくなれたと勘違いして、言わなくてもいい事までペラペラしゃべってしまうこともあります。

そのときによけいなことまで言ってしまったり、相手が迷惑しているのに気付かずにうっとうしい印象を与えてしまうこともあるでしょう。

それに時間がたつにつれて緊張感がなくなってしまい、敬語を忘れて面接官にタメ口を聞いたり、気付かないうちに態度が大きくなってしまう方もいます。

ふとした拍子に素の自分が出てしまうこともありますので、気をつけましょう。

選考とあまり関係のない話で盛り上がっても、それで「採用確実」とはなりません。

「これは内定がもらえるだろう」と自信満々で結果を待っていたけど、結果はダメで落ちたことに自信をなくしてしまうこともあります。

面接のときにまったく話が盛り上がらなくて、淡々と話が進んでも、内定をもらえる可能性は十分にあります。

できることといえば、あいさつしたりしゃべるときは、相手に聞こえる声量を出すように意識することと、

面接官の質問の内容をしっかり理解して、答えの内容がぶれないように返答することです。

面接のときの雰囲気で採用・不採用を予想したくもなりますが、結果は聞いてみないとわかりません。

面接での雰囲気がよかったとしても、過度に期待をしないほうがいいのかもしれませんね。

 

-就職活動, 面接対策

執筆者: