新卒就活ブログ・これからやるべきこと取り組みたいことは

主に大学生のための新卒の就職活動のやり方をまとめたブログです。就活の準備の仕方や、履歴書・エントリーシート(es)書き方から個人・集団面接のマナー、選考から企業の採用・内定までの流れを書いていきます。

就職活動 リクルートスーツ 身だしなみ

就活用のコートはどんなのがいいのか?

投稿日:2016年1月19日 更新日:

冬の寒い時期になってくると、スーツだけでは寒すぎるので、スーツの上に羽織るコートが必要になってきます。

「就職活動のときはどんなコートを着ればいいのか?」悩む方もいると思いますので、ここではどんなコートがいいのか紹介していきます。

基本的には就活生らしいコートを選ぶようにしましょう。

まわりの就活生と同じようなコートを選ぶか、スーツが売っている量販店などに売っているコートを購入してもいいですね。

冬の時期でも寒くなければコートなどは着ないで、スーツ姿のまま合同・個別説明会や面接に行ってもいいのですが、寒さで体調をくずして風邪をひいてしまうこともありますので、コートなどの防寒着は1着ぐらいは用意しておきましょう。

 

■どんなコートがおすすめ?

就活用のコートは男性女性ともに黒かグレー、ネイビー、カーキー、ブラウン、ベージュの色のトレンチコートやスタンドカラーコート、ステンカラーコートが多いです。

男性は黒かそれに近い濃い色のコート、女性はベージュに近い色を着用する方が多いですが、そこは自分のお好みで選んでいいのではないでしょうか。

薄いピンクならいいのですが、濃いピンクやひょう柄などの派手な色や柄のものはさけておけば大丈夫です。

デザインは基本的には表は無地で、ボタンはシングルでもダブルでもどちらでもいいです。

素材はウールでもカシミアでも、これもどれでもいいと思います。

コートの丈は、スーツのジャケットよりも長いものがいいでしょう。

足のひざあたりまで長さがあるロングでもかまいません。

コートの裏地の色やデザインを気にする方もいますが、裏地が多少色が派手だったりストライプの線が入っていたとしても、面接官もそこまで気にしませんので、それでも大丈夫です。

コートを買うときは、なるべくほかの就活生と似たようなコートを選んだほうが無難です。

そのほうが就活のときも安心できますよね。

「洋服の青山」「AOKI」「コナカ」「スーツカンパニー」などのスーツ量販店に行けば、就活で使えるコートが売っています。

購入を考えているとき、だいたい予算としては2万円以上持っていったほうがいいでしょう。

また、どれがいいかわからないときは店員の方に「就職活動で使えるコートを探しています」といえば、それに合わせたコートを選んでくれますので、声をかけてみましょう。

もしくはそれらのスーツ量販店のホームページでもスーツやコートが売っていますので、それを参考にしてどれを選ぶか考えてもいいですね。

Amazonや楽天などのネットのサイトや通販でコートを購入してもいいのですが、出来ればスーツを着た状態でのコートの着心地や丈の長さ、スーツとの色の兼ね合いなども考慮して、お店で試着して買った方が後悔しないと思います。

安いコートを探すのであれば、イオンやイトーヨーカドー、西友などに売っているものでもいいと思いますよ。

 

■会社説明会、面接でのコートのあつかい方

基本的にコートなどは外を移動するときに着るものですので、建物内に入る前に脱ぐようにしましょう。

説明会や面接をおこなう会場の玄関前まできたら、外で寒いですけどコートを脱いでスーツ姿になります。

室内では暖房もついていて暖かいですし、基本的に建物内ではコートは着ません。

そしてコートについたほこりや水滴、雪などを外で軽く払った後は、両肩をあわせてふたつにたたんでバッグを持つ反対の腕にかけて、建物の中に入っていくようになります。

このときコートの裏地を表にしてたたむというコートのたたみ方のマナーもありますが、実際はそこまで細かい事にこだわらなくてもいいのではないかと思います。

面接官もおそらくそんなところまで見てはいないですし、新卒の方にそこまで求めてもいないと思います。

面接のときはコートをかけるハンガーがあったり、コートやバッグなどの荷物を置く机が用意されていることもありますが、そうでなかったら座るときにイスの背もたれにコートをかけておきましょう。

そして面接終了後にコートを着るタイミングは、建物の外に出てからになります。

また朝は寒くてコートが必要だったけど、昼は気温が高くなってコートが邪魔になってしまうときもあります。

そんなときはコインロッカーなどに入れておくなどすれば、荷物になりませんよ。

 

■コートはあくまで「寒さ対策」のために着るもの

冬になったら就活にコートが必要というわけではないですし、スタンドカラーコートやステンカラーコート、トレンチコートでないといけないという決まりもありません。

ちょっとカジュアルなPコートやチェスターコートを着ている就活生もいますし、厚手のダウンコートを着てくる人もいます。

東京ぐらいの冬の寒さだったら薄手のコートでも間に合いますが、雪がたくさん降る北海道や東北などの寒い地域だったら、やせ我慢しないで厚手のダウンコートを着たほうがいいですね。

寒さで凍えたり風邪をひかないためのものですので、そのときの状況に合わせた格好をしていくようにしましょう。

面接官も「就活生がどんなコートを着ているのか?」までは見ていません。

派手な色や柄などの、就活にはあわないようなコートならともかく、ある程度の違いは気にはしなくていいでしょう。

それでもスーツに合うスタンドカラーやステンカラーコート、トレンチコートは、寒くなってくる晩秋や寒さの残る春先にも着ることができますし、冬の結婚式やお葬式のときに着ることもできます。

コートを持ってないという方でも、スタンダードなものを1着持っていると便利ですよ。

またコート以外の防寒具として「マフラー」と「手袋」も使いましょう。

コートの上からマフラーを首に巻いておくと、首元の服のすきまから体温が逃げないためにからだ全体が冷えませんし、手袋をして手が暖かいと血流もよくなって全身が暖かくなります。

本当に寒い時は厚手の手袋をした方が寒さもかなり和らぎます。

マフラーと手袋は真冬の寒い時期は必需品ですので、冬はあまりしないという方もぜひためしてみてください。

冬の寒い時期はなるべく暖かい格好を心がけて、体調管理には十分注意したいですね。

-就職活動, リクルートスーツ, 身だしなみ

執筆者: