新卒就活ブログ・これからやるべきこと取り組みたいことは

主に大学生のための新卒の就職活動のやり方をまとめたブログです。就活の準備の仕方や、履歴書・エントリーシート(es)書き方から個人・集団面接のマナー、選考から企業の採用・内定までの流れを書いていきます。

就職活動 内定後のこと

内定を承諾したあと、企業からまったく連絡がなくて不安になるときは?

投稿日:2014年5月21日 更新日:

就職活動をして、無事に志望先の企業から内定をもらうことができて、

 

企業から送られてきた「内定通知書」や、「内定承諾書」もあったのでそれにサインをして、企業の担当者に返信して、ひと安心。

 

これから残りの大学生活をどうやって過ごすか、そっちのことで頭がいっぱいになって、内定をもらった企業のことなど、忘れかけていたけど・・・

 

「そういえば内定承諾書を送ってから、もう何ヶ月も企業から連絡が来ない・・・」

 

なんてことがあると思います。

 

ずっと何ヶ月もなにも連絡が来ないと、「本当に入社できたのか?」とか、だんだん不安にもなりますよね。

 

でも、内定を出してから連絡をしない企業もありますから、心配しないでください。

 

特に用事がなければ、連絡しないでしょう。

 

内定承諾書も、企業側に届いていなければ、人事担当者から、確認や催促の電話などがあるはずです。

 

そういう連絡がなければ、届いているということでしょう。

 

また、この時期の内定は口頭で伝えるだけで、内定の書面を出すのは10月以降という企業もあります。

 

「口約束で内定を伝えられただけで、書面がないと不安・・」

 

な気持ちになるかもしれませんが、そこは信じて待ちましょう。

 

ちなみに企業の業績不振などで、内定取り消しになるときは、書面をもらっていても取り消しになります。

 

でも、そんなことに遭遇することはほとんどないので、あまり心配する必要もありません。

 

また内定をもらった証拠が書面として残っていても、新しい人を雇えないような経営難の企業を訴えてもどうにもなりません。

 

そんな企業に強引に入社しても、そのあと自分が苦労するだけですよね。

 

そんなときは悔しいかもしれませんが、すぐに就職活動を再開することが最善策だと思います。

 

途中で内定をもらった人の懇親会や、研修会がある企業もありますが、あまりに連絡がなくて不安になるようでしたら、企業に連絡してみるといいでしょう。(企業に電話をかける最適な時間帯は?

 

連絡するときの言い方の例としては、

 

「御社から内定をいただいております○○と申します。
お忙しいところ恐れ入りますが、学校の授業との兼ね合いもありまして、今後の入社までのスケジュールなど、決まっているようでしたら、教えて頂きたいのですが・・・・。」

 

でいいのではないでしょうか。

 

もしくはメールで送ってみてもいいと思います。

 

件名:内定後の予定

 

「貴社から内定の返事をいただきました○○大学の○○と申します。
その後の連絡が途絶えがちになり、採用されたのか多少不安になりまして、確認のためメールを送らせていただきました。

学校の授業との兼ね合いもありまして、今後の入社までのスケジュールなど、決まっているようでしたら、教えて頂きたいです。よろしくお願い致します。」

 

文章をアレンジしてみてもいいですが、こんな感じで送ってみてはどうでしょうか。

 

特に連絡することがなければ、企業も何もしないのでしょうが、ずっと連絡がないのも、不安になりますよね。

 

-就職活動, 内定後のこと

執筆者: