新卒就活ブログ・これからやるべきこと取り組みたいことは

主に大学生のための新卒の就職活動のやり方をまとめたブログです。就活の準備の仕方や、履歴書・エントリーシート(es)書き方から個人・集団面接のマナー、選考から企業の採用・内定までの流れを書いていきます。

面接対策 グループディスカッション(GD)

集団面接で自信をなくさないために心得ておきたいこと

投稿日:2014年5月20日 更新日:

就職活動で、集団面接(グループ面接)をおこなう会社も多いです。

 

応募者が多いときは、ひとりひとり面接をするよりも何人かにまとめて面接したほうが効率がいいですし、

 

個人面接では見えてこない面が、見えてくることもありますので。

 

ただ、ほかに応募者がいると、意識してしまってちょっと苦手という人もいるでしょうね。

 

集団面接にあまり慣れていないと、ほかの学生が優秀に見えてきて、テンションが下がってしまって挽回できない、なんてこともあるかもしれませんが。そんなときは、

 

まわりの学生のことは気にしないで、個人面接だと思ってみましょう。

 

面接官は、そのほかの人と見比べる面もあると思いますが、応募者にとっては関係のないことですから、

 

自分が発言するときがきたら、面接官のほうを向いて自信を持ってしゃべりましょう。

 

緊張して声が震えていたり噛んだりして、まわりから失笑されても、一緒に面接した人とはあうことはないのですから、気にすることはないのです。

 

ちょっとした失敗など誰にでもありますからね。

 

集団面接が個人面接とちょっと違うところは、

 

・ひとりの持ち時間が限られていること

 

・ほかの人がしゃべっているときの態度

 

などは、気をつけたいですね。

 

集団面接の場合は、ひとりひとりの持ち時間も限られますから、

 

要領よくまとめて話せることもポイントになってきます。

 

要領を得ない話し方で長々と話をして、ほかの応募者への配慮がないのも、どう受け止められるかわかりません。

 

「熱意があるね」と思われるよりは、

 

「他の学生にも聞かなきゃいけないことあるんだし・・・」とか、

 

「会議室の予約時間も決まっているし、次の面接も控えてるし・・」

 

と思われているかもしれません。ほどほどに。^^

 

またほかの人がしゃべっているときは、その人の話を聞いているという姿勢をとったほうがいいですね。

 

自分がしゃべっていないときの態度も、意外と面接官に見られています。

 

気を抜いてキョロキョロしたり、そわそわしたりしないで、他の人の話をちゃんと聞いてますっていう姿勢や態度はとっておきましょう。

 

また同じ質問を順番に答えるときに、前に答えた人と意見がかぶっていたら、

 

「私もさきほどの方と同じように・・・」

 

ひと言添えて、自分の意見を足すような言い方がベターだと思います。

 

ほかの人と同じ意見でもいいのです。同じ意見でも、そのときの言い方や表現の仕方に違いがあれば、また印象も変わってきますよ。

 

集団面接は、ほかの応募者のやり方をよく観察できる場でもあります。

 

デキる人のやり方をよく見ていて、取り入れられそうなところは、参考にして、次の面接に生かすなどしてみましょう。

 

ほかの応募者と一緒に面接となると、緊張するかもしれませんが、それはほかの人も同じです。

 

時間があれば、ちょっと隣の応募者と話しをしてみるなどしたほうが、緊張感もやわらいで、面接にのぞめると思いますよ。

 

-面接対策, グループディスカッション(GD)

執筆者: